破産なんて最悪だ!

破産申告をする人で持っている負債に対して保証人となる人物が存在するときには事前にきちんと相談しておいたほうがいいでしょう。

 

改めてお勧めしますが保証人となる人物を立てているときは、破産の前に考えるべきです。

 

なぜなら、あなた自身が自己破産をしてOKが出ると、保証人となる人がみなさんの負債をみな負う必要が生じるからです。

 

だから、自己破産手続き前に保証人である人にそれらの経緯とか現在の状況を報告しつつ、お詫びをしなくてはならないでしょう。

 

そういうことは保証してくれる人の立場に立つと当たり前です。

 

友人等のあなたが自己破産をすることから膨大な借金がふりかかってくるわけですから。

 

それで、その後の保証する立場の人の取るべき手段は4つになります。

 

一つめは、あなたの保証人が「いっさいを払う」という方法です。

 

あなたの保証人がそれら債務をいともなく返済できるほどのようなキャッシュを持っていればできます。

 

でもその場合は、自分は破産手続きせずにその保証人にお金を貸してもらって、自分はその保証人に定期的に返していくという手順も取れると思います。

 

保証人があなたと関係が親しいのなら少し完済期間を猶予してもらうことも問題ないかもしれません。

 

いっぽうで一括で完済できなくとも貸方も話し合いで分割に応じてくれます。

 

保証人にも自己破産を行われてしまうと借金がまったく戻ってこないことになってしまうからです。

 

その保証人が債務者の債務を全部まかなう経済力がないなら、あなた自身とまた同じく何らかの方法での借金を整理することを選ばなければなりません。

 

2つめが「任意整理をする」ことです。

 

この方法は債権者と話し合いを持つ方法で5年ほどのあいだで返済していく方法になっています。

 

実際に弁護士事務所にお願いするときの経費は債権者1社につきだいたい4万円。

 

合計7社からの借り入れがあったなら28万円ほどかかることになります。

 

当然貸した側との話し合いは自分でチャレンジすることもできますが、この分野の経験も知識もない方の場合債権者側が自分たちにとって有利なプランを勧めてくるので、注意する必要があります。

 

くわえて、任意整理を行うという場合もその保証人にお金を立て替えさせることを意味するわけですから、あなたはたとえ少しずつでもあなたの保証人に返済をしていく義務があるでしょう。

 

続いて3つめはあなたの保証人も債権者と同じように「自己破産をする」ことです。

 

あなたの保証人も借金した人とともに自己破産をすれば保証人である人の義務もなくなります。

 

ただその場合は、もし保証人が住宅等の不動産を所有している場合は個人財産を取り上げられてしまいますし証券会社の役員等の職業についている場合などは影響が出てしまいます。

 

そういった場合は、個人再生による手続きを活用するといいでしょう。

 

最後の4つめの選択肢は、「個人再生という制度を使う」ようにします。

 

マンション等の不動産を残して借金の整理を行う場合や、破産申し立てでは資格制限に触れるお仕事にたずさわっている人にメリットのあるのが個人再生制度による整理です。

 

個人再生なら、不動産は残せますし、破産手続きの場合のような職業にかかる制限、資格制限等は何もありません。