解体工事の許可とかについて

建設業許可というのがあります。その中には当然、解体工事業という分野もあります。実は昔からあったわけではなく、割と最近になって作られた区分なのですが、とにかく、解体工事業の許可というのは土工工事から分離独立した新しい業種となりました。内容は名前の通りであり、工作物の解体などができるようになります。そもそも一言に解体といっても何を解体するのか、ということはまるで違うことになりますし、求められる能力も違ってくることになります。ですから、その点をよく踏まえておく必要性があります。そこまで気にすることでもないのですが依頼するときにはキチンとその許可を得ているのか、ということから考えることも重要になっているわけです。ちなみに大抵の場合は許可証を掲げていることになりますから、わからない、ということはないでしょう。家の解体など常に重機が使えるわけでもありませんから、かなり計画的に行う必要性がある事業となっています。

建物を解体して土地を更地にする費用は?